こんなテレビ番組がありました

昔のテレビ番組が大好きな映像所有者の雑記です。

39時間テレビとは何だったのか:はじめに

 私が探している過去のテレビ番組の一つに1992年12月30日から1993年1月1日までTBSで放送された「元旦まで感動生放送!史上最大39時間テレビ」という番組があります。

探しているものの一つというよりは、一番探しております。

そもそも、なぜこの番組をそこまでして探しているのか、正直言いまして、20年経過した現在においてもよくわかりません。
ただ、何か引っかかるものがあった、それだけ印象が強かったとしか言いようがないのです...。

この番組が、日本テレビやフジテレビのようにヒットしていれば、そんなに思い入れもなかったのだと思います。
「39時間も放送したのに、ほとんど誰も見ていなかった」
この一点がこのテレビ番組にはまってしまったすべてだったのではないかと朧げながら思います。

この24時間以上の長時間特別番組は、日本テレビとフジテレビでは夏の風物詩として、現在においても放送されてます。
そして、1992年という年はこの2局にとっても転換期だったと思います。

まず、フジテレビは、今まで「テレビ夢列島」というタイトルで1987年から放送されておりましたが、今回は当時ヒットしていた「たけし・逸見の平成教育委員会」をベースにした「平成教育テレビ」として放送しました。

それから、日本テレビは、「愛の歌声は地球を救う」というタイトルで、今までどおりチャリティーを主軸にしながらも、歌をテーマに、イントロクイズ等のバラエティーを中心の構成となりました。
そして、チャリティー番組のイメージが合いそうにないダウンタウンをパーソナリティーに据えたり、現在考えても大胆な転換を図りました。
サライやマラソンもこの年スタートしました。
そもそもこのマラソンも毎年恒例にするつもりではなくチャレンジ企画の一つに過ぎなかったように思います。当時のランナーは間寛平氏でありましたが、途中でリタイアしました。それで翌年再挑戦して、完走してそれが好評だったので毎年恒例になったのではなかったでしょうか...。

そしてこの2番組を当時私も視聴いたしました。今でもそれぞれこの年の回が歴代の中で一番面白いと思います。

そして、満を持してTBSも39時間テレビを放送するという情報を当時毎週購読していたTVガイドで知りました。

24時間テレビ平成教育テレビの興奮も覚めやらぬまま(と言ってはいささか大袈裟かもしれませんが)、今から期待に胸がわくわくしていた当時テレビっ子の私でありました。

ひとまずここまで。

にほんブログ村 テレビブログへ
にほんブログ村

はじめまして

 私、下記のブログで、所有映像を紹介しているものです。

所有映像リスト

 

 昔のテレビ番組が大好きでほんのちょっとした趣味で集め始めた映像も皆さまの善意によるご協力により、色々集めることが出来ました。

 このブログでは、上記ブログとは別に、自分が視聴してきたテレビ番組の思い出やまた、所有映像に関することを、「雑記」というタイトルですので、思いついた限り書き記していきたいと思います。

 本当に思いついたまま書きますので、脈略のない文になってしまうところもあるかもしれませんが、突っ込みは無用です。

 

  また、当方所有の映像に関する問い合わせは、以下のアドレスにご連絡願います。

 
広告を非表示にする